毎晩ノリノリblog

釣りのブログです。 XESTAフィールドモニター。 昔は房総半島のエギングやメバリング、荒川や江戸川などの河川シーバスの雑誌の記事も書いてました。

カテゴリ: お知らせ

ライトゲーム用で何かお手軽クーラーボックスないかな?って話しになったんで、ボクの使ってるオススメと使ってみようかと購入検討中なアイテムをご紹介。


アジ・メバル・カサゴ・ハゼ・キスあたりはコレで充分ってアイテムです。


igloo プレイメイトエリート (15L) マジェスティックブルー/ホワイト # / 43364
igloo プレイメイトエリート (15L) マジェスティック

ぼくはもっぱらコレを使用してます。


釣った魚はジップロックにしまって持ち帰ります。


手持ちでお手軽。


オススメは15Lです。


って言うのも、保冷剤に飲み物と食べ物を入れたら、けっこう容量を使うんですよね。


保冷剤は


【LOGOS(ロゴス)氷点下パックGT-16℃ 600g(ハード)】魚も凍る!ロゴスの強力保冷剤表面温度-16℃! 保冷能力8倍(一般保冷剤に比べ)クーラーボックスに
LOGOS(ロゴス)氷点下パックGT-16℃ 保冷能力8倍


使ってます。


これ、魚をジップロックにしまってすぐ上に置くと、まじで帰ると魚が凍ってますw


タオルをはさむか、保冷剤から少し離して魚を置きましょう。。。


魚は冷やせば良いってもんでもないです。


それは、また何か別の機会にでも!


で、早速先日はハゼ釣りにシロギス釣りにも行ってきましたんで、その記事もアップしますね。




毎晩ノリノリ☆あっきー




人気ブログランキングへ






某プロさんのブログでもご紹介されてましたけど、ナチュラム夏のセールやってますよ!!


ナチュラム


僕らのXESTAジグもかなりお値打ち値段です!!


スリッピーの300gや400gとか、普段だと高いのでこの機会に是非!!






某プロさんのブログでは、ティムコのベイスラッグが紹介されてましたね!!


シーバスルアーでは、ティムコルアーはベイスラッグとナイトレイドは良く使いました。


昔のティムコは良かったですよね。。。。


バチ抜けには特に、CDL・ニョロニョロ・ワンダー・バチペン・ナイトレイド・ドリフ・コモモ・サスケは良く使いました。


バチに限らず使いますが、今のルアーではヨレヨレが出たときは衝撃でしたね!!


荒川や江戸川のスニーカーでシーバスがメインの僕でしたが、ヨレヨレが発売されてキャッチ率が格段に上がりましたもんね!!!


2000円出す価値のあるルアーだって思いました。


ベイスラッグは、隅田川や湾奥の橋脚や足元シーバスで無敵の強さの1軍パイロットルアーでしたよ!


しゃくって、カーブフォール。


この釣りで周りの方々が釣れてない中でウハウハ経験させてくれた思い出のルアーです。


シーバスだけじゃなくて、カサゴとかイナダとかタチウオにも使えるルアーでした。


未だに釣れるか、近いうちシーバス行ってみよっかなw



ナチュラム




毎晩ノリノリ☆あっきー




人気ブログランキングへ




昔のアメブロの懐かしい記事を見つけたので、こっちにもアップします。


アメブロのほう、何気に10年近くやってたんですね。。。


何かほかにも良い記事あったらアップします。


オカッパリのシーバスやエギング、バスでもそうですが、根掛かりって必ずついてまわりますよね。。。


ある程度ですが、自分から根掛かりを回避することはできますが、それでも100%根掛かりしない方はいらっしゃらないと思います。


だって、たまに根掛かり覚悟の釣りをしないと釣果が出せない時もありますからね。。。。


根ガカリ回収機って皆さん使ってますか??


フルキャストしてすぐとか、ストラクチャーの向こう側にはまってるとか、物理的に回収無理な時ってけっこうありますが。。。。


ウノ・ルーバ君、だいたい5千円前後しますが、根掛かり回収機の中では一番オススメの品かと思います。


ちょっと高いですけどね。。。。


これ、ノーマルでも回収率は高めなんですけどね。


更に回収率を上げる為に、ちょっといじって、『ルーバ改』にしちゃいます。


そんな『ルーバ改』の作り方をご紹介しちゃいます。






1:ルーバと、貼付け板オモリ(厚めがイイ)を準備します。

毎晩ノリノリ!?フィッシングライフのブログ-LUUBA1







2:板オモリにルーバ本体(弾丸みたいなの)の半分割の絵を書く。

毎晩ノリノリ!?フィッシングライフのブログ-LUUBA2







3:切って貼るだけ。

毎晩ノリノリ!?フィッシングライフのブログ-LUUBA3



釣り具屋さんで売ってる、ルアーのウェイトを調整するような貼付けオモリを使います。


両面テープなので、パーツクリーナーとか、無ければマニュキア落としとかで脱脂してから貼って下さい。


凹凸部は何か硬い物で押し付けるように貼って下さい。


で、メーカーさんは本体を結ぶ方法にユニノットを推奨してるんですけど・・・


ボクは怖いので、ユニ&ハーフヒッチ×10くらいしてます。


ノーマルだと、重量不足で遠いところが取りづらかったりするんですよ。


あと、海水だと浮力が変わりますし、潮が速いと流されますし・・・


かなり重量アップして、使い易さアップです。


見た目は終わりますw


これ、近いところの回収率は半端ないほど高いですよ!


上で説明した通り、物理的に外すのが無理な根掛かりもありますが。


だいたい、針を曲げてor折ってあがってくるとか、こんがらがったラインと流木ごとあがってきたり、ロープごとあがってきたりとかしますw


昔、お台場だったかな?シーバスやってて根掛かって、ルーバ使ったらラインと一緒にルアーがいっぱいついてきた事もありました。


汚くなったルアーはスーパーとかで売ってる激落ち君で磨くとだいたいキレイになって、1万円分くらい儲けたこともありましたよ。(1度や2度じゃないですw)


スナップは必ず装着して下さい。


じゃないと取れない構造です。


今でもたまに、オカッパリで荒川シーバスとか行くんですが、必ずルーバ君は持って行ってます。


良かったら使ってみて下さいね!




毎晩ノリノリ☆あっきー




人気ブログランキングへ



前回のクーラーボックスの画像は、飯岡の某船宿さんへ行った時です。


地域によっては色んなゲストが釣れますよね!!


関東では、花鯛が良く混じります。


あとは、ベラ・ウマヅラ・フグ系・ヒラメ・アイナメ・ソイ・メバル・カサゴ系・ハタ系・レンコ鯛・石鯛・マトウ鯛・キントキ・ブリ・ヒラマサ・カンパチ・その他色々!!w


季節やメインのベイトによって釣り方も変わりますしね。


藁科家で前に頂いたんですけど、レンコ鯛とか炙りにすると車エビっぽくてメッチャマイウーでした。


ハタ系も釣れると嬉しいですね!!



さ、船宿について出発ですよ!!


ボク、朝一に最初に行くポイントの事、水深の事、ポイントまでどれくらい走るのか。って3点セットを船長に聞きに行きます。


あと、前日は浮いてたのか、ボトムだったのかとか、時間があれば聞いてみましょ。


たまに釣り新聞とかの記事も書かせて頂いてるので、ネタにもなるんで。



【重りの決め方】


最初は何号落とそうか悩みますよね!!


だから船長に聞いちゃいます。


わからなければ、何号つけたらいいですか?って聞いてもいいと思います。


基本的に10Mにつき1号と言われます。


でも、風や潮の速さもあったりするので、ボクは違います。


10m → 1号

10m → 3号



くらいの計算にしてます。


関東近辺だとだいたい、30M前後の鯛場にいくことが多いです。


だいたい8号から落として、状況で軽くしたり、重くしたり。


イワシについてる真鯛の時はまた変わってくるんで、フォール編リトリーブ編あたりで。


まずはボトムを取る釣りなんで、それから軽くするか重くするかにします。


軽い = アピール小

重い = アピール大



と基本的に考えてます。


プラスアルファでエビの大きさとか。


軽ければ軽いほどナチュラルになって、マッチザベイトに近づくと考えますが、マッチザベイト=釣れる。と限らないのが釣りの楽しいところなのかと。




【基本的な釣り方】

エサをつけて、投入合図を待ちましょう。


まず、軽くキャストしてもいいし、足元でもいいんでボトムを取る。


人が多いときは、周りの人のラインの位置を見ながら落としましょう。


他の人とからんじゃうと、スンゴイ時間のムダです。(これスゴイ重要)


オマツリは基本的に自分のせいだと思ってください。


1秒でも長く、海の中に仕掛けを入れてる時間を多くとりましょう。


ボクはパラシュートのロープの位置見て、キャストしたり足元落としたりを決めてます。


ボトムが基本的なポイントですので、着底はなるべく自分の感度をビンビンッにして感じ取りましょう。


ボトムをとって、ラインを張ったりゆっくりロッドを上げながらアタリを聞いてみて、ボトムを少し切って待つ。


状況が良いと、コンコンあたってたりグングンあたってたりするんで、ティップが抑え込まれたりもってかれるようなアタリが出たら、合わせましょう。


ひとつテンヤではゲストも多彩です。


一回で乗らなくてもエサが付いてればあたってくるので、あたらなくなるまで頑張りどころです。


アタリが無いようなら、大きくロッドをしゃくって、またボトムを取りアタリを聞く。


2・3回しゃくってアタリが無いようなら、船も流れてるので一度回収して落とし直し、新しいポイントへテンヤを投入します。


この入れ直すのスゴイ大事ですよ!!


基本的にですが、魚ってボトムのほうからエサが落ちてくるのみてるんです。


エサ釣りでニオイもありますし、ボトムまで落として自分のテンヤにアタリが無ければ、自分のテンヤに興味を示してもらえなかったって事なんです。


なんで、入れ直して、新しいポイントに落として、やる気のあるお魚をドンドン探った方が効率が良いです。


ずっと流しっ放しにしてると、ラインがドンドン斜めに入っていって、魚のいないポイントにいつまでもテンヤが残って自分が釣れないだけじゃなく、周りの方にもモノスンゴイ迷惑です。


ボク、あんまり流し過ぎてる方は、テンヤ何号使われてます?とか2・3回落として釣れなかったらドンドン入れ直した方が良いですよ!って話し掛けさせて頂いたりします。


朝乗る時なんかも、ご挨拶して、時間があればお話しさせて頂いたりします。


だいたい流しっ放しの方って初心者の方が多いんですが、どうせなら皆で釣れて、楽しんでもらえたらって思います。


【☆釣れたら?】


良くポンピングして巻く人多いですけど、ロッドを立てたままでロッドの反発をうまく使って巻き上げましょう。


今のタックルは安いのでも高性能なの多いんで、ロッドがリールが勝手に仕事をしてくれます。


ネットインくらいのサイズなら、ネットに入れてもらったらベールを返して糸をフリーにしましょう。


ココでベールを返さないで、ラインを引っ張られてロッド折ってる人数回見たことあります。


抜きあげサイズならロッド一本分出して、ロッドの反発を使って抜きあげるか、リーダーを腕に巻きつけて一気に抜いちゃいましょう。


針掛かりが悪くて口切れとかヤバそうなら、ネットですくいましょね。


ラインを巻きすぎて水面でバシャバシャやってるとバラします。


コレ、某メーカースタッフまで務てるような方が知らなくて、アジングでバラしまくってました。





【釣った魚の処理】


バケツに水を張って、置いときます。


移動とか喰いの悪い時間とかに、血ヌキして神経ヌキしてクーラーの中に海水氷を作り、中にしまいます。


ボクはブロックや板氷の場合はアイスピックを持ち込んでて、砕いて海水をいれて海水氷を作ります。


最近はホームセンターの切った余り木材コーナーのクズを切って、スノコを作りました。


氷が直接魚に当たって氷焼けしないように作ってみました。


スノコの違いが良くわかりませんが、船宿さんや船長がそれを見てスゴイネ!本格的だね!っておっしゃられるので、気分はイイですw


暖かい暑い時期は魚が死んじゃうと痛むので、早めに処理してクーラーの中にしまいましょ。


たまに夏場とかで魚が浮いちゃってバケツの中もかなり温かくなってるのに、そのままバケツの放置してる方見かけます。


あれ、もう腐ってないかな?って心配になります。。





毎晩ノリノリ!?フィッシングライフのブログ  




っとまぁ!


だいたいこんな感じでしょうか???


今度の日曜日、東京湾マダコ釣りにいきます。


今はやりの関西エギスタイル!


タックルはシイラキャスティングタックルそのまんまでやってみますw


まず、手持ちのタックルでやってみて、必要があれば専用タックル買います。


でも、カワハギ釣りとスロージギングとライトゲーム以外で、本当に細分化専用タックルが欲しいと思ったことないかな??


そこまで細分化されたタックルが必要になるほどの腕テクニックがまだ無いって話しですがwwww


次回はまず大事な【フォール編】いきたいと思います!





毎晩ノリノリ☆あっきー




人気ブログランキングへ

先日のDマリーナさんの釣行をアップしました!!


メバル!


アジ!!


カサゴ!!!


の3種便です。


メバルはトッププラグで。


アジはビロードスターアジ爆カラー。


カサゴは直リグです。


詳しくは本紙のほうでご覧くださいな!


image




チョイチョイですが、カサゴの釣り方聞かれるので近いうち公開します。


テキサスとかキャロとか使いドコがあるんです。





人気ブログランキングへ

↑このページのトップヘ