毎晩ノリノリblog

釣りのブログです。 XESTAフィールドモニター。 昔は房総半島のエギングやメバリング、荒川や江戸川などの河川シーバスの雑誌の記事も書いてました。

カテゴリ: アイテム変


百均の発泡クーラーボックスでオッケーです。



最近では簡易クーラー制作動画もはやってますよね!!



image



☆作り方


いちいち蓋を開け閉めするの面倒なんで、フタを切ってエビを入れるところを作りました。


うえのふたに付いてる『取って』の部分をカッターナイフをライターであぶって切り込みを入れます。


刃先を熱してから切ると、発泡スチロールは楽チンに切れます。


ホームセンターで売ってる『取って』をつけてボンドで接着しました。


接着だけじゃ怖かったんで、結束バンドで締めました。


これで釣れた時にわざわざ蓋を全部開けなくても、ここからしまえます。


あと、プラスドライバーをライターで熱して、ブクブクをつけるところと、ブクブクを通すところの穴をあけて完了です!


電池式のブクブクは釣り具屋さんで売ってます。


これ、ウナギやワカサギ釣りで活かす時にも使ってます。



東京湾マゴチ釣りの方も、活きハゼをストックするのに使えるのではないでしょうか。


けっこう手長エビちゃん元気なんで飛び出したりします。


バケツのまんま炎天下の中に置いておくと茹っちゃうんで、こんな道具を作って使ってます。





☆家に帰った後の泥抜き


家に帰ったら、水替えとブクブクをコンセント式のにバトンタッチします。


コンセント式のブクブクは最近なら熱帯魚屋さんで中古のも売ってたりするので、安くて充分だと思います。


泥抜きでは、ボクは浄水した水(人によってはミネラルウォーターなんかも)で、水が濁ったら交換を2・3日やります。


たまに死んでたりするのいるんで、コマメに様子見してるといいです。





☆食べる時


日本酒や紹興酒で酔わせてから調理して下さい。


揚げモノにする時は、元気な状態で油に突っ込んだら、メッチャ暴れて大変ですよ!!


人によっては氷を入れて、冷やして動かなくさせて調理する方もいらっしゃいます。


僕は基本的に日本酒につけてから素揚げやかき揚げにして食べるのが好きです。








そんなとこでしょうか!!


手長エビ釣り編でした!!


また、行った時の写真なんかも載せますね!!!





毎晩ノリノリ☆あっきー




人気ブログランキングへ




ここ最近、手長エビ釣り釣りがはやってるようですね!!


僕は母方の実家は葛飾区の水元というとこで、水辺のある水元公園が幼少期の遊び場で釣りの原点でもあるんです。


そんな水元公園は、梅雨の時期には手長エビ釣りのメッカで、柵に金魚竿をかけれるように改造して何本も竿を出して手長やってるおっちゃん達を見かけました。


実家は荒川や芝川が歩いていける距離なで、子供の頃から遊び場です。


今でもたまーに手長エビやウナギも釣ったりします。





☆タックル


写真な感じです。


100均ピンセットはこの釣りでは超重要です!


針を外す時に下手に外すと、エビは即死します。。


食べる時にドロ抜きしないとけっこう臭いので、なるべく活かします。


荒川とかなら、6尺から9尺くらいののべ竿とか、ライトルアータックルをお持ちなら、それでも充分釣りができます。


ボクはメバルルアータックルで手長エビやりますw


タックル的にはそんな感じで、浮きはなるべく小さめがいいですよ!


浮きの浮力が結構重要で、あんまり浮力の高い浮きだと釣果が激減します。


どうしても流れがあったりするので、浮力が高い浮きはエサを離してしまうんでしょうね。

☆エサ


エサは個人的にアカムシが一番!


たまにミミズを細かく切ったのとか良い時もありますし、魚肉ソーセージを細かく切ったのでも良く釣れます。


釣行後に余ってしまったアカムシは持ち帰ったら小さな容器に水を入れて、冷蔵庫で保存すれば結構持ちます。


ボクはプリンの食べ終わった容器とか、その時使い捨て出来るような容器に入れて保存します。




☆バケツ等


持ち運び活かしバケツ改ですw


100均の発泡クーラーボックスを改造してます。


バケツとかで炎天下の中放置すると、水が茹ってエビが死にます。。


500mlのペットボトルに凍らせたの入れてても大丈夫なくらいです。




☆ポイントの見つけ方



ポイントはごろた石の多いポイントがいいです。


護岸工場とかしてて足場がジャリになってたり、岩を蛇籠でおおってたりする場所いいです。


まぁ、でも結構どこでもいますw


夜なんかは、ライト照らして目がピンク色に光るのがエビで、赤く光るのがカニです。


護岸工事されてる足元にビッシリついてるポイントなんかもあります。


すくったほうが一杯とれますwwww






だいたい、そんな感じでしょうか??


手長エビチャンの料理編も釣ってきたらやりましょ!






毎晩ノリノリ☆あっきー




人気ブログランキングへ





昔のアメブロの懐かしい記事を見つけたので、こっちにもアップします。


アメブロのほう、何気に10年近くやってたんですね。。。


何かほかにも良い記事あったらアップします。


オカッパリのシーバスやエギング、バスでもそうですが、根掛かりって必ずついてまわりますよね。。。


ある程度ですが、自分から根掛かりを回避することはできますが、それでも100%根掛かりしない方はいらっしゃらないと思います。


だって、たまに根掛かり覚悟の釣りをしないと釣果が出せない時もありますからね。。。。


根ガカリ回収機って皆さん使ってますか??


フルキャストしてすぐとか、ストラクチャーの向こう側にはまってるとか、物理的に回収無理な時ってけっこうありますが。。。。


ウノ・ルーバ君、だいたい5千円前後しますが、根掛かり回収機の中では一番オススメの品かと思います。


ちょっと高いですけどね。。。。


これ、ノーマルでも回収率は高めなんですけどね。


更に回収率を上げる為に、ちょっといじって、『ルーバ改』にしちゃいます。


そんな『ルーバ改』の作り方をご紹介しちゃいます。






1:ルーバと、貼付け板オモリ(厚めがイイ)を準備します。

毎晩ノリノリ!?フィッシングライフのブログ-LUUBA1







2:板オモリにルーバ本体(弾丸みたいなの)の半分割の絵を書く。

毎晩ノリノリ!?フィッシングライフのブログ-LUUBA2







3:切って貼るだけ。

毎晩ノリノリ!?フィッシングライフのブログ-LUUBA3



釣り具屋さんで売ってる、ルアーのウェイトを調整するような貼付けオモリを使います。


両面テープなので、パーツクリーナーとか、無ければマニュキア落としとかで脱脂してから貼って下さい。


凹凸部は何か硬い物で押し付けるように貼って下さい。


で、メーカーさんは本体を結ぶ方法にユニノットを推奨してるんですけど・・・


ボクは怖いので、ユニ&ハーフヒッチ×10くらいしてます。


ノーマルだと、重量不足で遠いところが取りづらかったりするんですよ。


あと、海水だと浮力が変わりますし、潮が速いと流されますし・・・


かなり重量アップして、使い易さアップです。


見た目は終わりますw


これ、近いところの回収率は半端ないほど高いですよ!


上で説明した通り、物理的に外すのが無理な根掛かりもありますが。


だいたい、針を曲げてor折ってあがってくるとか、こんがらがったラインと流木ごとあがってきたり、ロープごとあがってきたりとかしますw


昔、お台場だったかな?シーバスやってて根掛かって、ルーバ使ったらラインと一緒にルアーがいっぱいついてきた事もありました。


汚くなったルアーはスーパーとかで売ってる激落ち君で磨くとだいたいキレイになって、1万円分くらい儲けたこともありましたよ。(1度や2度じゃないですw)


スナップは必ず装着して下さい。


じゃないと取れない構造です。


今でもたまに、オカッパリで荒川シーバスとか行くんですが、必ずルーバ君は持って行ってます。


良かったら使ってみて下さいね!




毎晩ノリノリ☆あっきー




人気ブログランキングへ



↑このページのトップヘ