毎晩ノリノリblog

釣りのブログです。 XESTAフィールドモニター。 昔は房総半島のエギングやメバリング、荒川や江戸川などの河川シーバスの雑誌の記事も書いてました。

タグ:ひとつてんや



ささ、ついにラストの一つテンヤ編ですよ!!


今回は【裏ワザその1】編!!


って、裏ワザって言っていいのかどうだか。。。。


裏ワザパート1での一個目のキーワードは『ゼロテンション』です。


一つテンヤって、ソルト万能ジグヘッドの一つって考えています。


ジグヘッドも形状により、水中ステイ姿勢が様々です。


イカを釣るエギの水中姿勢に黄金角度なんてのも、あったりするんです。


昔の目玉の出てるアオリーQとか初期のエメラルダスRVくらいまでとか、水中姿勢を見比べると非常に良いですし。


そんな、水中のステイ姿勢が良いのがテンヤ。


フォール姿勢に特化して、ボトムにも置けるのが、カブラ。


特にフォールや巻きなど、自分から動かして行くのに特化して、誘導型テンヤ。


そんな風に考えています。


茨城のテンヤマゴチ釣りなんかは、特にテンヤとジグヘッドと誘導型テンヤと使分けがかなり釣果に左右されます。


マゴチ釣りではボクの基本は攻めのスタイルなので、ジグヘッドを多用しますが。


たまにテンヤの角度が必要になる事もあります。


あと、浅場のタチウオ釣りの時とか、テンヤにエコギアアクアのセットでタチウオ釣ってた時もありました。


カワハギポイントなんかで、場所によりますが同セットでカサゴの良型とかマゴチが釣れたりなんて事もあります。


真鯛釣りでは、基本的にアイマのレンジセッターばっかりです。





☆ゼロテンション


アタリが少なく、アタリがあっても小さい、いまいち釣れない時とか、レンジセッターででも、根掛かり覚悟でボトムに置いて『ゼロテンション』で釣ったりもします。


この、『ゼロテンション』実は、色んな釣りの裏ワザだって思ってたりします。


胴付き仕掛けや、カワハギ釣り、マルイカの直結仕掛けなんかでは聞いたことがある方もいらっしゃるかと思います。


『ゼロテンション』のやり方はかんたんですが、根掛かりと紙一重釣法でもあるので、それなりに覚悟して使って下さい。


特に風が強い、ウネリの大きい日は気をつけて下さい。


まずはボトムについて、オモリをボトムにつけてラインを張った状態(ティップに負荷が乗ってる状態)から、ゆっくり竿先を下げます。


すると、竿先にかかる負荷がどんどんなくなって、ラインの重さ、もしくは、オモリが1gくらいギリギリ竿先に乗ってるようなイメージで操作します。


ティップにかかる負荷がほとんどゼロテンションになった状態になります。


これで、ロッドに出るようなアタリを即合わせで釣っていく釣り方です。


特に食いの悪い時、ちょっとでもエサにテンションがかかってると、食べるのやめられちゃうような時があります。


コンコンあたってるけど、いまいち合わせられない!


なんて時はそのままそっと『ゼロテンション』にしてみて下さい。


ロッドに出るくらいのアタリが出た時は、そのアタリはもう、かなり深くまで食い込んでるアタリってわけなんです。


カワハギやマルイカ直結(マルイカは遊びでやったくらいですが。。)では、ボクは特に良く使う釣り方です。


食いの悪い日の胴付き仕掛けの釣り物でもかなり使えるので試してみて下さい。


アカムツ(エサ釣り)でも良い思いをした事もあります。


ドテラ流しパラシュート流しの船では本当に根掛かりに気をつけて下さい。


気がつくとすーぐに根掛かりしますので。





☆リトリーブ編やタイラバでのボトムの取り方


これ、普通にテンヤの釣りでもそうなんですが、ボトムに敏感になって下さい。


タイラバで大鯛の釣り方なんかでも大事に言われますが、『ボトムタッチ』を心がけて下さい。


ボトムについたら、即ボトムを切る。


これを意識して下さい。


ボクは、ボトムを取るまでロッドティップを水面近くまで下げて、サミングをしながらボトムを取り、ボトムについた瞬間にベールを戻して、ティップにテンションがかかるまで持ち上げて、アタリがないか聞きます。


できることなら、ラインのマーカーでボトムがそろそろだとか察知できてると尚良いです。(ボクはそれで見てます)


タイラバやリトリーブするなら、そのままロッドを持ち上げながらゆっくり巻き出します。


だいたい大鯛の捕獲率トップはこの巻き上げ3回転~5回転前後が多い気がします。


水槽でフィッシュイーター系やってらっしゃった方とか、水族館のエサやり見てると見かける光景なんですが。


以前、ピーコックバスとかパーチとか、フィッシュイーター系の魚を色々と飼ってた事あるんです。


活エサを投入、落下していって、それについて追っかけて行くこと多いです。


魚の切り身とか、動かないエサを落とすと、追っかけて行ったのに底に落っこちてゴロンって転がって、向きがあるエサとか、横向きとかに転がると、プイッとそっぽ向いちゃうか、スッゴイ悩んで口にしたりするとか、反応がイマイチな事がほとんどです。


活エビなんかあげると、ボトムについてそのまま立ち上がってたりボトムについて動こうとした瞬間に捕食されちゃったりとか、良く見かけた光景です。



☆釣り最中の自分の位置


これ、スッゴイ重要なので、是非次回の釣りからやってない方は実践してみて下さい!


慣れてるアングラーさんでも、意外とこれやってらっしゃる方少ないです。


ボク、子供のころ、村田基さんの間違いだらけのバスフィッシングで見たんだっけな??


『アタリを取り易い状況を自分から作り出していく。』


ってことです。


前述でも言いましたが、釣りしている自分の状況をより有利な状況にしていって下さい。


アタリの取り易い位置取り、ロッドワークやラインメンディングを考えて下さい。


アタリの取り易い状況作りはかんたんです。


ラインの向きに対してロッドの位置を直角にできるだけ近づける事です。


これだけでアタリのロッドへ手への伝わり方が激変します。


ラインの向きに対して、ロッドの向きが平行近くとかになってるとアタリの伝達が鈍くなります。


小さい前アタリとかわからなかったりします。


気にしていなかった方は是非やってみて下さい。


ボクは中学生のころに霞ケ浦でバスのライトリグをやってて覚えました。


あと、乗合船では、あんまり斜めにラインが入るなら入れ直して、自分の釣りのし易い位置取りをして下さい。


また、周りのラインの位置も見て、オマツリは自分のせいだと思ってください。


オマツリほどいてる間に隣の人が大鯛を釣っちゃうかもしれませんよ!!


(たまに周りを見れない方とかいらっしゃいますけどね。。。あと、あんまり流しっ放しの方とかには、どんどん入れ直して釣った方がいいですよ!って話し掛けたりしてます。)






あとは裏ワザはエサくらいでしょうか。


なんか話題が色々飛びすぎちゃって、そんな中で色んなワザ的な事も書いてるので、全部言っちゃった気がしますw


何か抜けてたらツッコミ入れて下さい。。。


分かり辛いとか反論も是非ご教授下さい。


ボクがもっと色んな意味で釣りや文章が上手くなれるチャンスだと思ってます。


そして、基本的に感覚で釣りをしているボクなので、いまいちまとまりの無い文章を読んで下さってありがとうございます。


今月と来月は税金だのなんだの支払が重なって、船の釣りに行けません。。。。。


今月はバス釣りでも行こうかな。。。。。。。。






毎晩ノリノリ☆あっきー





人気ブログランキングへ


2015-12-30-16-47-50


一つテンヤでは良く釣れてくる、ウマヅラw


もはや【リトリーブ】ただ巻きで釣る釣り方は、一般的にもお馴染みになってきてるのではないでしょうか。


メタルジグでもただ巻きで釣れちゃう時は釣れちゃいます。


バリバスの横島プロと2・3回行きましたけど、ジグを巻くだけで普通に釣れた時はビックリしました。


ブリ狙いで行っててベイト反応を普通にしゃくって、真鯛~6キロくらいで爆釣した、良い思いをしたことありました。


これは裏技編でも。





【リトリーブ編】では、


『普通にボトムを切って待ってても釣れない。』


『フォール系の釣りをしてるんだけどイマイチ。。。』


『アタリはあるんだけどイマイチ良いアタリが無く、合わせどころがない。。。。』


とか、いまいち釣れない時のもう一手として覚えて下さい。


タイラバをテンヤでやるイメージです。


3つ目のアタルけどイマイチ良い食い込みがない時、これ高確率でウマヅラとかフグ系の時が非常に多いんですけどね。


でも、たまに巻いてるとドカンと当たってくる鯛もいます。


大きいのは特にボトムから巻き始め10回転以内が多い気がします。


リトリーブでは、当たっても合わせるな!なんて言われる事もありますが、ボクは全然合わせ入れます。


鯛ラバもある程度のアタリは合わせ入れます。


鯛ラバ専用ロッドとかなら合わせなくてもいいのかな??使ったことないんでわかりませんが。。。。


ロッドに重さが乗る感じのアタリや、フックに触ってるようなアタリ(感覚的な話でスイマセン)は、ロッドに重さを乗せるようにスイープフッキングって感じで合わせを入れます。





僕の使い方としては、各種、落として待ってみたり、フォール系を駆使しても釣れない時、巻き始めてみる事が多いです。


あと、2・3回ボトムを取って、ラインがナナメになってきて、入れ直す時に下から15mくらいゆっくり巻き上げてみたりします。


あとは小さくアタッてる時、いまいち食わない時に追っかけて来るか聞いてみるのにゆっくり巻き上げて当たるか試します。


あとは、イワシ真鯛とか言われるような、ベイトについてる時。


とりあえずボトムから表層までビッシリとベイト反応が出ちゃってて、棚がわからない時。


とりあえず軽く投げてボトムを取って巻いてみましょう。


釣れるベイト真鯛なら、すぐに良い答えが返ってくるはずです。


そこから、釣れるのがボトム寄りなのか、中層なのか、表層のほうなのか、ってその日の良い棚を探すのにもオススメな釣り方です。



リトリーブ編では、シマノTVとか、エコギアでアクアを使ったイワシ真鯛の動画も配信されてますね!!


ワームはフグとか少ない時にかなり使えます!


ボクもエコギアのアクアやミルフルとか持ち込んでます。


カラーはとりあえず白系と赤系があれば充分だと思ってます。


下手するとエサより釣れるんじゃない?って時もありますからね。


フグが多いと無駄にワームかじられるので、そんな時はエビで巻きましょう。


さ、これで、【フォール系の釣り方】【リトリーブの釣り方】を覚えましたね!!


だいたい、フォールとリトリーブの組み合わせを色々試してみて、どれかしらで良く釣れるのがあるはずです。


ほんと、何やってもぜんっぜんアタリが無い時なんかもありますけれども。。。。。


でも、そんな時にも諦めずにアタリを出しに行きましょう!!


次回はラスト【裏ワザ】編ですけど、裏ワザってほどの裏ワザはそんなないんですけどね。。。。


でも、雑誌や釣り新聞に書いてない事を中心にご紹介できればと思います。







毎晩ノリノリ☆あっきー




人気ブログランキングへ

↑このページのトップヘ