毎晩ノリノリblog

釣りのブログです。 XESTAフィールドモニター。 昔は房総半島のエギングやメバリング、荒川や江戸川などの河川シーバスの雑誌の記事も書いてました。

タグ:ひとつテンヤ釣り方



ささ、ついにラストの一つテンヤ編ですよ!!


今回は【裏ワザその1】編!!


って、裏ワザって言っていいのかどうだか。。。。


裏ワザパート1での一個目のキーワードは『ゼロテンション』です。


一つテンヤって、ソルト万能ジグヘッドの一つって考えています。


ジグヘッドも形状により、水中ステイ姿勢が様々です。


イカを釣るエギの水中姿勢に黄金角度なんてのも、あったりするんです。


昔の目玉の出てるアオリーQとか初期のエメラルダスRVくらいまでとか、水中姿勢を見比べると非常に良いですし。


そんな、水中のステイ姿勢が良いのがテンヤ。


フォール姿勢に特化して、ボトムにも置けるのが、カブラ。


特にフォールや巻きなど、自分から動かして行くのに特化して、誘導型テンヤ。


そんな風に考えています。


茨城のテンヤマゴチ釣りなんかは、特にテンヤとジグヘッドと誘導型テンヤと使分けがかなり釣果に左右されます。


マゴチ釣りではボクの基本は攻めのスタイルなので、ジグヘッドを多用しますが。


たまにテンヤの角度が必要になる事もあります。


あと、浅場のタチウオ釣りの時とか、テンヤにエコギアアクアのセットでタチウオ釣ってた時もありました。


カワハギポイントなんかで、場所によりますが同セットでカサゴの良型とかマゴチが釣れたりなんて事もあります。


真鯛釣りでは、基本的にアイマのレンジセッターばっかりです。





☆ゼロテンション


アタリが少なく、アタリがあっても小さい、いまいち釣れない時とか、レンジセッターででも、根掛かり覚悟でボトムに置いて『ゼロテンション』で釣ったりもします。


この、『ゼロテンション』実は、色んな釣りの裏ワザだって思ってたりします。


胴付き仕掛けや、カワハギ釣り、マルイカの直結仕掛けなんかでは聞いたことがある方もいらっしゃるかと思います。


『ゼロテンション』のやり方はかんたんですが、根掛かりと紙一重釣法でもあるので、それなりに覚悟して使って下さい。


特に風が強い、ウネリの大きい日は気をつけて下さい。


まずはボトムについて、オモリをボトムにつけてラインを張った状態(ティップに負荷が乗ってる状態)から、ゆっくり竿先を下げます。


すると、竿先にかかる負荷がどんどんなくなって、ラインの重さ、もしくは、オモリが1gくらいギリギリ竿先に乗ってるようなイメージで操作します。


ティップにかかる負荷がほとんどゼロテンションになった状態になります。


これで、ロッドに出るようなアタリを即合わせで釣っていく釣り方です。


特に食いの悪い時、ちょっとでもエサにテンションがかかってると、食べるのやめられちゃうような時があります。


コンコンあたってるけど、いまいち合わせられない!


なんて時はそのままそっと『ゼロテンション』にしてみて下さい。


ロッドに出るくらいのアタリが出た時は、そのアタリはもう、かなり深くまで食い込んでるアタリってわけなんです。


カワハギやマルイカ直結(マルイカは遊びでやったくらいですが。。)では、ボクは特に良く使う釣り方です。


食いの悪い日の胴付き仕掛けの釣り物でもかなり使えるので試してみて下さい。


アカムツ(エサ釣り)でも良い思いをした事もあります。


ドテラ流しパラシュート流しの船では本当に根掛かりに気をつけて下さい。


気がつくとすーぐに根掛かりしますので。





☆リトリーブ編やタイラバでのボトムの取り方


これ、普通にテンヤの釣りでもそうなんですが、ボトムに敏感になって下さい。


タイラバで大鯛の釣り方なんかでも大事に言われますが、『ボトムタッチ』を心がけて下さい。


ボトムについたら、即ボトムを切る。


これを意識して下さい。


ボクは、ボトムを取るまでロッドティップを水面近くまで下げて、サミングをしながらボトムを取り、ボトムについた瞬間にベールを戻して、ティップにテンションがかかるまで持ち上げて、アタリがないか聞きます。


できることなら、ラインのマーカーでボトムがそろそろだとか察知できてると尚良いです。(ボクはそれで見てます)


タイラバやリトリーブするなら、そのままロッドを持ち上げながらゆっくり巻き出します。


だいたい大鯛の捕獲率トップはこの巻き上げ3回転~5回転前後が多い気がします。


水槽でフィッシュイーター系やってらっしゃった方とか、水族館のエサやり見てると見かける光景なんですが。


以前、ピーコックバスとかパーチとか、フィッシュイーター系の魚を色々と飼ってた事あるんです。


活エサを投入、落下していって、それについて追っかけて行くこと多いです。


魚の切り身とか、動かないエサを落とすと、追っかけて行ったのに底に落っこちてゴロンって転がって、向きがあるエサとか、横向きとかに転がると、プイッとそっぽ向いちゃうか、スッゴイ悩んで口にしたりするとか、反応がイマイチな事がほとんどです。


活エビなんかあげると、ボトムについてそのまま立ち上がってたりボトムについて動こうとした瞬間に捕食されちゃったりとか、良く見かけた光景です。



☆釣り最中の自分の位置


これ、スッゴイ重要なので、是非次回の釣りからやってない方は実践してみて下さい!


慣れてるアングラーさんでも、意外とこれやってらっしゃる方少ないです。


ボク、子供のころ、村田基さんの間違いだらけのバスフィッシングで見たんだっけな??


『アタリを取り易い状況を自分から作り出していく。』


ってことです。


前述でも言いましたが、釣りしている自分の状況をより有利な状況にしていって下さい。


アタリの取り易い位置取り、ロッドワークやラインメンディングを考えて下さい。


アタリの取り易い状況作りはかんたんです。


ラインの向きに対してロッドの位置を直角にできるだけ近づける事です。


これだけでアタリのロッドへ手への伝わり方が激変します。


ラインの向きに対して、ロッドの向きが平行近くとかになってるとアタリの伝達が鈍くなります。


小さい前アタリとかわからなかったりします。


気にしていなかった方は是非やってみて下さい。


ボクは中学生のころに霞ケ浦でバスのライトリグをやってて覚えました。


あと、乗合船では、あんまり斜めにラインが入るなら入れ直して、自分の釣りのし易い位置取りをして下さい。


また、周りのラインの位置も見て、オマツリは自分のせいだと思ってください。


オマツリほどいてる間に隣の人が大鯛を釣っちゃうかもしれませんよ!!


(たまに周りを見れない方とかいらっしゃいますけどね。。。あと、あんまり流しっ放しの方とかには、どんどん入れ直して釣った方がいいですよ!って話し掛けたりしてます。)






あとは裏ワザはエサくらいでしょうか。


なんか話題が色々飛びすぎちゃって、そんな中で色んなワザ的な事も書いてるので、全部言っちゃった気がしますw


何か抜けてたらツッコミ入れて下さい。。。


分かり辛いとか反論も是非ご教授下さい。


ボクがもっと色んな意味で釣りや文章が上手くなれるチャンスだと思ってます。


そして、基本的に感覚で釣りをしているボクなので、いまいちまとまりの無い文章を読んで下さってありがとうございます。


今月と来月は税金だのなんだの支払が重なって、船の釣りに行けません。。。。。


今月はバス釣りでも行こうかな。。。。。。。。






毎晩ノリノリ☆あっきー





人気ブログランキングへ


ささ、今度は細かい事!?いきましょ。


2015-06-21-08-24-57


写真は良く出るゲストの花鯛。


尻尾のふちが白くて、エラのとこが赤いので、チダイなんて言われたりします。


2015-12-30-16-26-56


真鯛は尻尾のフチが黒いので、解りやすい判別ポイントかと!


今年、ボクの働くお店の院長先生と行きつけの飯岡の船宿に行ったとき、ヒラメ禁漁期間中に一つテンヤやるかどうするかってお話してたんですね。


船宿の女将さん、昔みたいに落とせば釣れる釣りじゃなくちゃったしね!今年はウチはお休みかな!なんておっしゃってました。


まぁ、昔から釣れない時は色々やらないと釣れませんでしたけどね。


ボクが東京湾シーバスジギングの釣り方で色々とご紹介頂いた時も、これまでは潮が悪かった?魚がいない?なんて言われてた状況でも、釣り方がある時はあるんです。


釣り方がより細かく細分化されてきたので、釣れる釣れないがより明確になったのかと。


どんな釣りでも落ちてく時は重要です。


その落ち方なんですけどね。


真っ直ぐストンって仕掛けを落とすと、魚って後退して仕掛けから離れますが、めっちゃ仕掛けを見てます。


昔、バリバスの横島プロに小笠原に連れて行ってもらった時、堤防からサビキを落としててその事を教わりました。


フォールってめっちゃ重要だと思ってます。


【基本編】で書いた通り、まずボトムを取るの重要です。
(明らかに浮いている状態じゃなければ。)


ボトムを取って、ラインを張ってみるともうアタってる事が多いです。


それでも当たらない時はしゃくって、ゆっくり落としながらボトムの少し上くらいでアタリをまつ。


2・3回繰り返して当たらなければ入れ直す。


が基本です。


フォール落とし方の種類は大きく分けて3っつです。


【フリーフォール】・【テンションフォール】・【カーブフォール】


基本編ボクが言ってるの釣り方は、最初のボトムを取るまでが【フリーフォール】で、しゃくって、ゆっくり落とすのが【テンションフォール】です。


【テンションフォール】や【カーブフォール】の利点は、魚にゆっくり落ちてるところをアピールできること、ティップに多少テンションがかかった状態で落ちているので、フォールのアタリが取りやすいことです。


【フリーフォール】でストンっと落として、魚達に、なんだなんだ??何か落ちてきたぞ??って思わせる。


2・3mくらいしゃくってからの【テンションフォール】で、ゆっくりエサだと見せてあげる事によって、あ!エビじゃん(エサじゃん!)食べちゃえ!


で、ヒット!ってなるわけです。


最初に落としてテンション張って、もうアタリが出てる状況が一番楽で良い状況なんですけどね。


また、パラやドテラ流しでは船が動いてるので、落としている時にカーブフォールっぽくなるんですが、船の動きは一旦置いておきます。


基本的に上の釣り方で釣れちゃうのが一番かんたんな感じで嬉しい日です。


これで釣れないと、試行錯誤が始まるわけです。


特に潮の流れがほとんどない日なんて、アタリが少ないこと多いです。


そんな時は、頑張ってキャストして、広く大きく探りましょう。


基本的にオーバーヘッドキャストは禁止ですので、アンダーキャストで投げて探りましょう。


大事なことですが、周りの人のラインの位置を見て、他人とまつらないようにしましょうね。


また舳先や一番後ろにいるなら周り見て投げればいいですけど、真ん中にいるなら特に自分の前に向かって投げましょうね。


オマツリは基本的に自分のせいだと思ってください。自分からおまつりを避けていってください。


周りを見えてなくてキャストされると、ただのスッゴイ迷惑なお客さんです。。。。


これ、リトリーブ編でも同じこともう一回書きますw


で、キャストしたらボトムを取って、大きくしゃくります。


ボクは基本的にショートロッドなので、めっちゃ腕を伸ばして大きくしゃくります。。


で、リールを2~5回転くらい巻いてラインを張ったままボトムにつくのを待つ。


すると海の中では、テンヤがカーブを描くように自分に向って落ちています。


で、だいたいフォールしてる時にロッドにティップにあたりが出ますので、即合わせでいいです。


これが【カーブフォール】の基本的な考え方です。


30mくらいの水深で、それこそ風なし流れなしな時は、3号とかでこの釣り方をする時もあります。


逆に風が強い、潮の流れが速い日はわざと10号とか重くして、この釣り方をする時もあります。


これで、【フリーフォール】・【テンションフォール】・【カーブフォール】の釣り方の組み合わせを覚えてしまいましたね!!


たまーに、魚が浮いてる時、イワシ真鯛と呼ばれるやつとか、浮遊してる生物を捕食してる時なんかがあります。


浮遊してるのはカニの幼生ゾエア・メガロパあたり?とかアミ系だったり、イワシについてればボトムより浮きますよね。


浮いてる時とかも、だいたい船長が反応のある水深を教えてくれますので。


ボクはだいたい、まずはキャストして、キャストした所からラインの色を見て、指示棚の5mくらい上で止めてラインを張ってアタリを待ちます。


ボトムを取らない、【テンションフォール】的な釣り方ですね。


いつだったか仲間内大勢で行って、慣れている仲間を差し置いて、うちの奥さん初めての一つテンヤで堂々の次頭15枚くらいだったかな?ボクが25枚チョイで、慣れてるはずの仲間が3・4枚だったのかな?なんて事もありました。


この日は潮もそこそこ流れてる状況のパラシュートだったかな!!


軽くキャストして、ラインの色見ながら指示棚の5mくらい上でベールを戻して、ラインが徐々に張って行く時にゴンッとかググンッとかあたって、誘導式テンヤでこの釣りをしてると、だいたい向う合せで乗ります。


これ、スイープに合わせを入れて釣れちゃうって感じでした。


確かこの頃は、ハヤブサの誘導テンヤくらいしか誘導型が無かった頃だったと思いました。


やってる方は誘導タイラバヘッドを使ってエサにエビをつけてやってる話しも聞きましたけど、誘導の便利さを実感した日でしたね。


だいたいここらへんで釣れてきますが、それでなんか釣れない時、上の3種類のフォールを駆使して、アタリがあっても乗らない!!なんて時、次回【リトリーブ編】の釣り方が効く時があります。





毎晩ノリノリ☆あっきー





人気ブログランキングへ

前回のクーラーボックスの画像は、飯岡の某船宿さんへ行った時です。


地域によっては色んなゲストが釣れますよね!!


関東では、花鯛が良く混じります。


あとは、ベラ・ウマヅラ・フグ系・ヒラメ・アイナメ・ソイ・メバル・カサゴ系・ハタ系・レンコ鯛・石鯛・マトウ鯛・キントキ・ブリ・ヒラマサ・カンパチ・その他色々!!w


季節やメインのベイトによって釣り方も変わりますしね。


藁科家で前に頂いたんですけど、レンコ鯛とか炙りにすると車エビっぽくてメッチャマイウーでした。


ハタ系も釣れると嬉しいですね!!



さ、船宿について出発ですよ!!


ボク、朝一に最初に行くポイントの事、水深の事、ポイントまでどれくらい走るのか。って3点セットを船長に聞きに行きます。


あと、前日は浮いてたのか、ボトムだったのかとか、時間があれば聞いてみましょ。


たまに釣り新聞とかの記事も書かせて頂いてるので、ネタにもなるんで。



【重りの決め方】


最初は何号落とそうか悩みますよね!!


だから船長に聞いちゃいます。


わからなければ、何号つけたらいいですか?って聞いてもいいと思います。


基本的に10Mにつき1号と言われます。


でも、風や潮の速さもあったりするので、ボクは違います。


10m → 1号

10m → 3号



くらいの計算にしてます。


関東近辺だとだいたい、30M前後の鯛場にいくことが多いです。


だいたい8号から落として、状況で軽くしたり、重くしたり。


イワシについてる真鯛の時はまた変わってくるんで、フォール編リトリーブ編あたりで。


まずはボトムを取る釣りなんで、それから軽くするか重くするかにします。


軽い = アピール小

重い = アピール大



と基本的に考えてます。


プラスアルファでエビの大きさとか。


軽ければ軽いほどナチュラルになって、マッチザベイトに近づくと考えますが、マッチザベイト=釣れる。と限らないのが釣りの楽しいところなのかと。




【基本的な釣り方】

エサをつけて、投入合図を待ちましょう。


まず、軽くキャストしてもいいし、足元でもいいんでボトムを取る。


人が多いときは、周りの人のラインの位置を見ながら落としましょう。


他の人とからんじゃうと、スンゴイ時間のムダです。(これスゴイ重要)


オマツリは基本的に自分のせいだと思ってください。


1秒でも長く、海の中に仕掛けを入れてる時間を多くとりましょう。


ボクはパラシュートのロープの位置見て、キャストしたり足元落としたりを決めてます。


ボトムが基本的なポイントですので、着底はなるべく自分の感度をビンビンッにして感じ取りましょう。


ボトムをとって、ラインを張ったりゆっくりロッドを上げながらアタリを聞いてみて、ボトムを少し切って待つ。


状況が良いと、コンコンあたってたりグングンあたってたりするんで、ティップが抑え込まれたりもってかれるようなアタリが出たら、合わせましょう。


ひとつテンヤではゲストも多彩です。


一回で乗らなくてもエサが付いてればあたってくるので、あたらなくなるまで頑張りどころです。


アタリが無いようなら、大きくロッドをしゃくって、またボトムを取りアタリを聞く。


2・3回しゃくってアタリが無いようなら、船も流れてるので一度回収して落とし直し、新しいポイントへテンヤを投入します。


この入れ直すのスゴイ大事ですよ!!


基本的にですが、魚ってボトムのほうからエサが落ちてくるのみてるんです。


エサ釣りでニオイもありますし、ボトムまで落として自分のテンヤにアタリが無ければ、自分のテンヤに興味を示してもらえなかったって事なんです。


なんで、入れ直して、新しいポイントに落として、やる気のあるお魚をドンドン探った方が効率が良いです。


ずっと流しっ放しにしてると、ラインがドンドン斜めに入っていって、魚のいないポイントにいつまでもテンヤが残って自分が釣れないだけじゃなく、周りの方にもモノスンゴイ迷惑です。


ボク、あんまり流し過ぎてる方は、テンヤ何号使われてます?とか2・3回落として釣れなかったらドンドン入れ直した方が良いですよ!って話し掛けさせて頂いたりします。


朝乗る時なんかも、ご挨拶して、時間があればお話しさせて頂いたりします。


だいたい流しっ放しの方って初心者の方が多いんですが、どうせなら皆で釣れて、楽しんでもらえたらって思います。


【☆釣れたら?】


良くポンピングして巻く人多いですけど、ロッドを立てたままでロッドの反発をうまく使って巻き上げましょう。


今のタックルは安いのでも高性能なの多いんで、ロッドがリールが勝手に仕事をしてくれます。


ネットインくらいのサイズなら、ネットに入れてもらったらベールを返して糸をフリーにしましょう。


ココでベールを返さないで、ラインを引っ張られてロッド折ってる人数回見たことあります。


抜きあげサイズならロッド一本分出して、ロッドの反発を使って抜きあげるか、リーダーを腕に巻きつけて一気に抜いちゃいましょう。


針掛かりが悪くて口切れとかヤバそうなら、ネットですくいましょね。


ラインを巻きすぎて水面でバシャバシャやってるとバラします。


コレ、某メーカースタッフまで務てるような方が知らなくて、アジングでバラしまくってました。





【釣った魚の処理】


バケツに水を張って、置いときます。


移動とか喰いの悪い時間とかに、血ヌキして神経ヌキしてクーラーの中に海水氷を作り、中にしまいます。


ボクはブロックや板氷の場合はアイスピックを持ち込んでて、砕いて海水をいれて海水氷を作ります。


最近はホームセンターの切った余り木材コーナーのクズを切って、スノコを作りました。


氷が直接魚に当たって氷焼けしないように作ってみました。


スノコの違いが良くわかりませんが、船宿さんや船長がそれを見てスゴイネ!本格的だね!っておっしゃられるので、気分はイイですw


暖かい暑い時期は魚が死んじゃうと痛むので、早めに処理してクーラーの中にしまいましょ。


たまに夏場とかで魚が浮いちゃってバケツの中もかなり温かくなってるのに、そのままバケツの放置してる方見かけます。


あれ、もう腐ってないかな?って心配になります。。





毎晩ノリノリ!?フィッシングライフのブログ  




っとまぁ!


だいたいこんな感じでしょうか???


今度の日曜日、東京湾マダコ釣りにいきます。


今はやりの関西エギスタイル!


タックルはシイラキャスティングタックルそのまんまでやってみますw


まず、手持ちのタックルでやってみて、必要があれば専用タックル買います。


でも、カワハギ釣りとスロージギングとライトゲーム以外で、本当に細分化専用タックルが欲しいと思ったことないかな??


そこまで細分化されたタックルが必要になるほどの腕テクニックがまだ無いって話しですがwwww


次回はまず大事な【フォール編】いきたいと思います!





毎晩ノリノリ☆あっきー




人気ブログランキングへ

↑このページのトップヘ